旗艦店にアリペイ導入

J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店は中国人旅行者向けのスマートフォン(スマホ)を使った決済サービスを拡充する。21日から大丸心斎橋店(大阪市)や松坂屋名古屋店(名古屋市)などの旗艦店に電子商取引(EC)最大手アリババ集団の「支付宝(アリペイ)」を導入する。決済手段を増やし、集客につなげる・・・。以下省略

日本経済新聞2016年9月19日朝刊 一部引用

 

中国人の爆買い攻略の次なる一手に、百貨店等が対応へ動き出しています。

便利なサービスを今なら低コストで導入できます。この電子決済サービスは導入のスピード感も大事です。

今なら、まず新しい・斬新といった部分で先行できますので、話題性も作れます。

大手の動きを様子見するよりも早く動いたところほど先行利益もとれます。

松坂屋が対応に動いたことで、愛知県内にもこの動きが加速する事が予想されますね。

 

当社では、海外からのインバウンドビジネスを国内の事業者様に提供しています。時代の最先端!!スマホ決済サービスの攻略が次世代ビジネスのヒントです!!