日本の決済システムはガラパゴス化しているのだろうか?!

海外では急速に現金レスの動きが加速しているようです。現金の換わりにデビットカードやクレジットカードで買い物する比率が高く、逆に現金決済の比率が下がっているようです。そして、デビットカードやクレジットカードの変わりに同じ決済がスマホでできる事でカードを持つ比率も今後下がっていく事が推測されます。下記の記事を参考にするとスウェーデンでは、買い物で現金を使い事を断るお店が現れているようです。これは、近い将来のキャッシュレス社会の到来を感じます。いつの間にか日本はこの分野でガラパゴス化しているのではないでしょうか?しかし、もしキャッシュレス化社会が日本でも進んでいくとすると、銀行窓口やATMでお金を下ろす必要がなくなるので銀行に行く回数が激減します。銀行強盗という犯罪もきっとなくなるでしょう。そして、不要となった銀行建物は消え銀行が街から姿を消すことさえ予感させられます。金融決済分野でガラパゴス化した日本の中で、少しでも世界スタンダードに対応していくことは大きな課題ではないでしょうか?!