≪Tenshoku Shien事業≫

 

【Tenshoku Shienについて】

日本国内に暮らす在留日系ブラジル人を主な対象者とした、中小企業向け求人広告事業です。

【事業目的】

昨今、日本国内の中小企業の人手不足や後継者不足の悩みと日本国内で暮らす在留日系ブラジル人で派遣社員契約のせいで能力を生かせず苦しい生活に悩む双方の掛け橋となることでこの社会問題を解決する。

【在留日系ブラジル人等の雇用について】

在留日系ブラジル人等の雇用については、日本人を一般雇用する形態と特に大きな違いはありませんが、日本人雇用と比べて少しだけ注意点すべき点があります。

【気になる就労ビザについて】

就労ビザがあります。在留日系ブラジル人等は大きく3種類です。

  1. 永住権ビザ:就労に関する制限無し。滞在期間の期限無し。
  2. 定住権ビザ:就労に関する制限無し。滞在期間に定めあり。都度の更新が必要です。
  3. 配偶者等のビザ:就労に関する制限無し。滞在期間の期限無し。

≪モバイル決済事業≫

【ここがスゴイ!!】

マルチデバイス(iOS)に対応しスマホやタブレットへすぐに導入可能

マルチ決済サービスに対応!ひとつのアプリケーションで複数決済が可能

 ☆オフライン決済(Wechat Pay ・ ALPAY ・ PAYPAY )

 ☆オンライン決済(Wechat Pay ・  ALPAY ・ China Union Pay)

WeChatPaymentとは 中国の爆買を支える決済アプリ!

訪日外国人の増加は以下のように増大しています。 

2015 年 過去最高の1,973 万7 千人!!
45 年ぶりに訪日外客数と出国日本人数が逆転。
訪日外客数(2015 年12 月および年間推計値)
◇2015 年12 月 : 前年同月比43.4%増の177 万3 千人
◇2015 年1~12 月 : 前年比47.1%増の1,973 万7 千人

この中で中国からの2015年12月訪日旅行客は82%の前年対比で増加している実績

*日本観光局 プレスリリース 28年1月19日 参考 

WeChat Payment(中国)とは

WeChat Paymentは2013年に中国で開始されたモバイル決済サービスです。 
中国では既に約6億人が利用しています。消費者であるユーザは、自分の銀行口座を微信(WeChat)に登録するだけで、簡単に利用することができます。 
お会計時にアプリを起動し、表示されたバーコードまたはQRコードをレジで読み取ってもらえれば、自分の銀行口座情報が店舗へ送信され、キャッシュレスで決済が完了します。 
店舗側のメリットとしては、支払いが速やかに済み、売上管理も可能になるなど、業務効率の向上が挙げられます。
さらに、お支払い時にお客様に対して、微信(WeChat)の公式店舗アカウントのフォロワー化を促進できるのも大きな魅力のひとつとなっています。 

導入も使い方も簡単!手軽に始めることができます。